企業の人事を扱う時に不可欠な勤怠管理システムについて徹底解説。勤怠関管理ツールに関連するたくさんの情報をお届けしております。

ネクストタイムカード

ネクストタイムカードの勤怠管理システムの導入

クラウド型勤怠管理ツール「ネクストタイムカード」 ネクストタイムカードというのは、名前を見てわかる通り、勤怠管理のシステムを提供している会社です。この会社は、業務の効率を改善できることであったり、コストの大幅削減ができることを全面に押し出しています。

まずは、業務の改善に関してですが、勤怠の管理を手入力で行っている企業も多いと思いますが、勤怠を手入力で行う場合、かなり多くの時間を必要としてしまいます。ですが、その時間は、無駄な時間ではないでしょうか。

その無駄な時間を削減することができます。また、コストを削減に関してですが、無駄な時間を削減することによって、人件費を削減することができますし、導入によってシステムにかかる費用も大幅に削減することができます。

口コミ情報

29歳男性

さまざまな企業が軒を連ねる近年。中小企業や大手企業が増えるということは、雇われて働く人も増えていきます。そんな中で、一番大変なのが勤怠管理です。誰がどのようにして、出勤をして勤務を終えて自宅に帰るのか。人の手ではどうしても管理が難しくなります。そこで企業が大助かりするのが、ネクストタイムカードです。全てを管理してくれるので、業務効率は格段にあがります。

そして、ネクストタイムカードの嬉しいところは、低コストで使用が可能なところです。1人数百円で、ICカードで勤務の出勤、退勤を管理してくれます。そして更に、ICカードデータを使用して、交通費清算もできてしまうという優れもの。一人数百円でここまでの機能が付いていたら、どんなに有能な人材にも負けないのではないでしょうか。そして、どこの企業にも永遠の課題である経費削減が実現できる素敵なカードです。

人間の目ではどうしても管理できないところは是非機械の手を借りて、システム管理をすることが、結果的にコスト削減に繋がっていく近道です。経費削減と業務効率アップ。これからどんどん会社を大きくしたいと考えている企業の未来投資には、もってこいのネクストタイムカードです。


33歳男性

月末は毎月の目標の達成のため、全員が追い込みで色々な取引先へ商談に行ったり、書類を作成したりと、普段の何倍も忙しい時期です。しかし、その月末にちょうど重なってしまうのが、タイムカードの入力作業です。打電型のタイムカードを使っていたのですが、一人一人のカードを間違いなく入力して集計するのに何人もの事務社員の手が必要になり、更にダブルチェックで入力ミスや不正がないかを隈なく見ていく人員も必要だったので、管理職の立場としてはどうにかならないものかと頭を悩ませていました。

そこで、色々な会社の勤怠管理システムを比較して、最も自分の会社にとって使いやすいと判断したのがネクストタイムカードです。他のシステムでは、100名から利用可能というような最低導入人数に制限があり、そこまで社員が在籍していない弊社には適合していませんでした。

しかし、大企業でないといえども勤怠管理に手を取られるのは同じなので、少人数からでも利用できるのは非常にありがたかったです。導入してからは、大幅に仕事の効率がアップしました。正確なデータがすぐに確認できるので、管理もしやすいです。利用方法も簡単で、従業員側もすぐに慣れて会社に浸透しました。