企業の人事を扱う時に不可欠な勤怠管理システムについて徹底解説。勤怠関管理ツールに関連するたくさんの情報をお届けしております。

就業奉行のOBC

就業奉行のOBCという勤怠管理システム

就業奉行のOBCというのは、株式会社オービックビジネスコンサルタントが提供している勤怠管理システムです。このシステムを導入することで、従業員の勤怠管理を簡単に行うことができますし、給与計算も簡単にできると考えられます。

それは、このシステムでは、勤務計画の管理や勤務スケジュールの作成をすることができますし、勤怠状況の入力や勤怠届の申請も行うことができます。システム上で行うことができますので、時間短縮に役立つと考えられます。

また、勤怠集計を行うことができ、従業員や会社全体の勤怠状況を確認することができます。さらに、残業時間の計算や残業時間のチェック、早退や遅刻のチェックを簡単に行うことができます。それらのデータを給与計算に連動できますので、給与計算が簡単にできる仕組みになっています。

口コミ情報

25歳男性

この「就業奉行のOBC」はテレビCMなどで、きっとご存知の方も多いこととは思いますが、株式会社オービックビジネスコンサルタントが開発をして運営をしている経営面での費用管理を優先した専用ソフトウェアにあたります。対応パソコンOSはWindowsシリーズのみですが、その他のスマートフォンや携帯電話、タブレット端末類のOSには全て対応していますので、安心してご利用になれます。またクラウドベースで製作をされていますので、日時場所などを問わず、起動させれば直ぐに作業が可能ですので大変利便性に育んでいます。

そして、同ソフトは費用収支の実態把握などはもちろんのこと、勤怠面での現状把握なども同時に出来ますので、自らが営んでいる事業所においての人材配置や労働形態面でのあり方や事業フォーメーションなどの変換が出来ますので、こうした面においても大変有意義な扱い方がリアルタイムで可能です。また、人材配置の際での出張などにおける余計な過剰経費請求などをも防ぐことが出来ますので、人件費面での節約なども同時に可能であり、とても有意義です。

さらに、同ソフトはタイムレコーダーやシフト管理ソリューションなどのような外部システムなどとの連携も可能であり、大変効率よい新しい事業プランなどの計画や発案などの機会を得たりする事も見込めますので、このような連携システムなども大いに活用すべきであると考えます。


33歳男性

総務課として社員の勤怠管理は、日々しなければならない仕事ですが、ミスをすることが許されない仕事の1つです。近年では平成22年に労働基準法が改正され、法令順守をしなければならない立場としては、手計算で勤怠を管理することは、非常に困難と言わざる得ない状況にあります。中小企業で今までタイムカードから勤怠管理を行っていた私の勤める会社でも、就業奉行のOBCを導入しました。

就業奉行のOBCを導入した理由としては、多くの中小企業での導入実績がある点も魅力でしたが、36協定の内容などを登録することで、協定を超えた終業時間になっていないかどうかのチェックが自動でできる仕組みになっていることに魅力を感じました。また雇用形態による違いなど、自社の状況にあわせた仕組みを入力することができますので、状況に応じて柔軟に対応ができる点も良い点であると感じています。

就業奉行のOBCを利用することで、勤怠管理の業務効率が大幅に改善できました。総務費に掛かる人件費が削減できたことに加え、勤怠状況から自社の人材にかかる問題点をすぐに把握することができたことも、就業奉行のOBCを導入することで得られたメリットであると感じています。操作方法も簡単で、ストレスなく利用することができるので、導入をしたことは正解だったと実感しています。